【漫画】現実逃避の気晴らし不倫におぼれた私が無縁仏になるまでの経緯を語る(修羅場)【マンガ動画】

概要

こちらでも頑張って行きます!
チャンネル登録のご協力よろしくお願い致します。→https://tinyurl.com/3nue6chb

関連動画

=========================================

毎日更新中です!

【クレジット】
BGM youtubeオーディオライブラリ
イラスト セカイノナミダ
脚本 セカイノナミダ
ナレーション セカイノナミダ

#修羅場 #漫画 #セカイノナミダ #セカイノナミダ2

コメント

  1. 堺おじさん より:

    当たり前の生活、家族を捨て、好き勝手に色に溺れたんだから、迷惑は金で返す。
    辛いなら、電車に飛び込んだら、一瞬ですよ。

  2. ロボちび より:

    はい、お疲れ様でしたw
    地獄でも苦しんで下さいねwwwww

  3. zaa00110 より:

    林葉直子かよw

  4. SATOSHI13 より:

    過去の栄光に縋りたい奴の気持ちなんか分かるかよ
    過去は所詮過去
    人間は今を生きる生き物なのに

  5. ピョ より:

    はじめて、音声聴いたwwwwww。2度は、無いなwwwwww。

  6. aoguro より:

    反省してるようでGOOD!

  7. あさあさ より:

    間男だけタダマンで美味しい思いして、むかつくな!!!!!

  8. 遊び人のユウ より:

    不倫をしたから仕方がないけど…、間男が鬼畜過ぎ!自分から誘っておいて、やることやって慰謝料払えって…。この間男こそ地獄に墜ちるべき!

  9. 佐藤 より:

    見事な負のスパイラル。

  10. クロポコ より:

    間男との不倫中に於ける金銭の授受、自分の享楽の為に一部は使ったかもしれんが、殆どは家族が暮らす自宅のローン返済の為に支払っていたスレ主。それは家族を裏切っている家族への愛情からくる贖罪の為の使い道であったのか? 
    色ボケして夢を見ながら間男との不定行為を楽しんではいたものの、それでもバレれば夢は終わる。家族に対して背任していた愚かな現実がスレ主に訪れる。やり直そうとしても家族の心はもはやスレ主に向き合わず、自業自得とはいえスレ主の悲惨な末路には、もう少し何とかならんかったのか? というやるせなさが確かに募る話であった。バカな夢見て家族の幸せを崩壊させたスレ主ではあれど、明確な悪意が旦那や家族に抱いていなかったのは確かだったろうだけにな…。

  11. あか より:

    こういう人に限って長生きしそう。
    死の間際にこんなこと書けるなんて余裕だね
    間男さんが何で主人公妻さんのこと気付いたのか知りたいなぁ
    間男さんが、まともだったので驚きましたwww

  12. ながれぼし より:

    日常の平凡な生活。本当はこれが一番の幸せなんだが不倫する輩はこれが分かってない。
    大体は刺激がないとか言って自分から地獄の門を開けてしまう。
    救いようがない

  13. 英樹 西川 より:

    たったの2年位で何だかなぁ⁉️ 被害者ヅラすんなよなぁ‼️ 得たいの知れない同僚⁉️ はたから見りゃてめえもそうだろ‼️ 全てにおいて甘いね‼️ てめえだけが被害者じゃねんだよ‼️

  14. 時間24 より:

    間男に言い寄られた時点で正直に既婚って言って間男に旦那への慰謝料支払って貰えば良かったんじゃない。嘘をつかず、子ども諦めたら
    間男と結婚できたかもしれんのに。

  15. 高橋純一 より:

    全てにおいて考え方が甘い過ぎるし意思が弱すぎる。
    不倫は心の殺人。それを夫に与え、家族みんなを裏切ってるのに
    たった2年で弱音を吐いて家族から逃げるとか有り得ない。
    そのまま3年4年5年、反省と誠意を示した行動をとっていたら
    許してもらえた可能性があるのに、その我慢も反省も出来なかった。
    正に自業自得だよ。

  16. 人生第2 より:

    こういった奴は無駄に生き延びたりする。

  17. いけっちBEAT より:

    無縁仏で、ほっとけと。で、飲めん酒もサケれば…。めでたくないな、なんとなくやるせない

  18. ホットホット より:

    自分の欲望を満たすことしか考えていない人間モドキは畜生道にでも堕ちるのがお似合い

  19. またもある より:

    https://www.youtube.com/watch?v=NXmOWCt_cjo&t=25s
    今ある幸せを大事にしないのが日本女性

タイトルとURLをコピーしました