【修羅場】プライドを捨てて土下座謝罪!床にバラまかれた1万円札を拾い集めて…パンクラス旗揚げ期に起きた支援者激怒エピソード(船木誠勝 特選切り抜き)

概要

サトウキビから生まれたお酢『よろん島きび醋』→ https://spm-japan.info/kibisu

【動画ネタリクエスト受付中】https://spm-japan.info/boshu ←船木誠勝のYouTubeで取り上げてほしいテーマをお寄せ下さい。

SPM SUPPORT PROJECT→ https://spm-japan.info/

#船木誠勝 #パンクラス #土下座

コメント

  1. 櫻井正道 より:

    貴重なお話有難うございます。何かをやり遂げようと思うと、地ベタに這いつくばって泥水啜るくらいの覚悟が必要なんですね。

  2. hiro より:

    しかし、その社長夫妻は器が小さいな。

  3. s s より:

    パンクラス旗揚げから凄く注目して見ていました。
    初めてプロレスを、格闘技にした団体だと思います。でもかなり大変そうなのは旗揚げから、ずっと感じてました。
    1ヶ月に一回のガチの試合。そして怪我人の続出。そして個人的には、初期のパンクラスで多用されていた、掌打も見ていてかなり痛そうだった。

    もう一度、旗揚げから当時をやれるとしたら、船木さんはどうしたいですか?
    確か、Uインターの様に2ヵ月に一度の試合みたいな事を言っておられた事もありましたよね。
    私は現代のMMA とは違い、スポーツ格闘技化されたプロレスを見てみたいです。

  4. jhossie より:

    もしかして船木さんのチャンネルは、船木さん一人で編集されているのでしょうか。
    YouTubeという、自分の意見を表明できる場があるのは船木さんにとって良いことですね。

    表現と言えば前田日明さんが最近の拳王さんとの対談で「船木も俺もコミュ障だよ」と語ってたのが印象的でした。

  5. hiro より:

    社長の人間性、船木さんの人間性。対極だな!

  6. - より:

    前田さんとの対談でも、船木選手の当時の気持ちをぶつけているシーンに心打たれます。

  7. couple より:

    私が格闘技に興味を持ったのはパンクラスからで、同時期に ufc k−1 もスタートし当時のプロ格闘技界は物凄い変動がありましたね。
    あれから長い月日が流れ、何もかも変わりましたが船木さん達がパンクラスのリングで見せてくれたストーリー、戦い、クリエイティブなマインドは今でも私の宝物です。

  8. KEN KEN より:

    映画みたいな話しがあったんですね!

  9. 向日葵 より:

    大変だったんだな。

  10. ミチノック鬼将軍 より:

    いや船木さん。二十代の小童にあれこれなんてできる訳ないじゃない。でもやって来れたのは船木さんの人徳です。

タイトルとURLをコピーしました